スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

瓢箪からミイ その3

そんなこんな、な(?) 流れなので、

DSC06745.jpg

ミイについてちょっと独り言。


「ムーミンのキャラクターで誰が好き?」と言われたら、
私は間違いなく「ちびのミイ」と言うでしょう。


小さいとき(ねぇムーミン、こっちむいて♪の再放送世代です)は
「ノンノン(ムーミンのガールフレンド)かわいいなあ~」と思っていたし、

20代の前後では
「スナフキンの自由さに憧れるんだよねー」などと言っていた気がします…。


で、今は「ミイ」。


おてんばでいたずら好き、パワフルで神出鬼没。
楽しいことは全力で楽しみ、理不尽なことには全力で怒り、


そしてかなりの毒舌家な彼女。

でも、相手を嫌な気分にさせようとズルズルチクチク言うイヤミとは違って、


ミイの言葉の鋭さと的確さには、相手への愛着があります。
そして自分の言葉に、ちゃんと責任があることを知っています。


 「思ったことは口にするし
  思わないことは言わない。
  あたしはあたし。だからミイ。」


私が好きな、ミイの毒舌エピソードはいろいろあるのですが、
なかでも一等好きなのをひとつ。


  意地悪なおばさんに皮肉を言われ続けているうちに、つらくてつらくて、
  姿がぼやけ、ついには輪郭がなくなってしまったニンニという女の子。
  (ニンニは理不尽な境遇に、怒ることも文句を言うことができなかった。)

  その女の子に、ミイはこう腹を立てます。


  「あんたね、
   闘うすべを学ばないかぎり
   自分の顔なんてもてやしないのよ!」



ムーミンや仲間たちと楽しく遊べるようになったニンニは、
最後には自分の輪郭を、自分の笑顔を取り戻します。

ミイが何かをしたわけではないけど、
とぼけた味のスープにスパイスを振りまいたことは確か。


私はどんなに頑張っても一生ミイのようにはなれないと思うので、
だからこそ、ミイに憧れます。


でもこんな友達が実際いたら、
毎日ドキドキヒヤヒヤするだろうなあ…(笑)。



長い独り言。
スポンサーサイト

18:14 | 独り言 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。